PIT STOP

挑戦者達のウィークエンド
Posted by | May 13, 2015

先日富士スピードウェイにて開催されたGTアカデミーリアルイベント予選。スーパーGT第2戦との併催のため、数多くのグランツーリスモのプレイヤーが集結しました。

img_02img_03img_04img_05

この後ろ姿に見覚えはありませんか?

そう、昨年開催されたRed Bull 5Gレーシング部門東日本代表のカルソニック選手だ。しかもTVの取材が入ったタイミングで最速タイムを記録。いろんな意味で「持ってる男」ということをライバルに知らしめた。誰よりも先にジャパンファイナルへの切符を獲得したカルソニック選手の顔には余裕の表情すら漂う。

img_06

この2日間トップを争ったMASARU選手は古くから公式大会で上位に進出していた強者。富士スピードウェイでのイベントに続き、フジテレビ春フェス会場への予選会にも参加。しかしまたしても無念の敗退。フジテレビ春フェス会場で1位のリ選手も、実は富士スピードウェイの予選会で涙を吞んだ1人だ。みごとに雪辱を晴らした。

img_07

ランキングボードを見てお分かりのように、富士スピードウェイで2位以下だった選手が軒並み転戦してきたことも驚きだ。さらに全員がタイムアップを果たし、富士スピードウェイでのカルソニック選手のタイムを越えてきていることからも、日本のトッププレイヤーの意地が感じられる。

リアルイベント予選も残すは日産グローバルヘッドクオーターでの開催のみ。日産の本拠地ともいえる聖地でジャパンファイナル予選への切符を掴むのは果たしてMASARU選手か? それとも?

一度きりの人生。子供の頃思い描いたレーサーになる夢をかなえてみませんか?

ただいまグランツーリスモ6で開催されているオンライン予選はRd.2がオープンしました。ブランズハッチを舞台にGTアカデミーのGT-R NISMO GT3で争われます。

Gran Turismo 6Gran Turismo 6Gran Turismo 6Gran Turismo 6

現実のモータースポーツの世界ではブランパンGTスプリントシリーズが開催されたばかり。GTアカデミーオンラインランキングのタイムを見てお分かりの通り、リアルとバーチャルのタイム差はごくわずかでした。リアルの世界への橋渡しの役目を担うGTアカデミーのレーシングプログラムの凄さを感じます。

 

【Report】スーパーGT第2戦富士500km

世界最速のツーリングカーとして再び世界中から注目が高まるスーパーGT。高速サーキットの富士スピードウェイでの最高速は300km/hオーバー。今年のポールポジションタイムはMOTUL AUTECH GT-Rのロニー・クインタレッリ選手が叩き出した1分27秒552というタイム。昨年のWECにてLMP1ハイブリッドクラスのポールポジションのトヨタ TS040が記録したタイム1分26秒886(平均タイム方式)に迫る勢い。いまだかつてない次元に突入したGT500クラスに参戦しているルーカス。そんなルーカスも5月1日に30歳のバースデイを迎えました。おめでとう!

img_12

開幕戦の岡山では予選Q1で敗退してしまったコンドーレーシングのルーカスだが、今回はキレキレの走りを披露。予選Q1はチームメイトの佐々木選手がアタックを担当して6位。みごと予選Q2進出を果たしルーカスへバトンを繋ぐ。そしてルーカスも驚きの1分28秒642を叩き出し予選5位からのスタート。

img_13img_14img_15img_16

昨年は5位と相性のいい富士だけに表彰台も狙えたかに見えたが、レース開始早々に他車から追突されリアセクションの破損。アベレージスピードの高い富士スピードウェイで空力面でダメージを負う辛い展開で惜しくもポイントを獲得することができず11位フィニッシュ。GTアカデミーのイベントではお馴染み松田次生選手/ロニー・クインタレッリ選手の#23号車のポール・トゥ・ウィンで幕を閉じた。

img_17img_18img_19img_20

 

その後、松田選手とルーカスはル・マン24時間レースを控えるNISMO LMP1のテストに向け飛び立った。さらにその後ルーカスは日本に戻ると全日本F3に参戦と多忙な日々を送っている。会うたびに日本の社会人の挨拶用語「オツカレサマデス」と言ってくれるルーカス。いやいや本当にルーカスこそ「オツカレサマデス!」だね!

そして今週末5月16日~17日に開催されるニュルブルクリンク24時間レースにも参戦。

img_21

世界で1番有名なGT-Rといっても過言ではないチームシュルツはトビアスとミハエルのシュルツ兄弟にジョーダン・トレッソンというお馴染みの布陣にフロリアン・ストラウスが新たに加入。バサースト12時間レースでは世界中のワークスチームを相手に勝利しただけに、ニュルブルクリンクでの活躍も期待したいですね。ヨーロッパのグランツーリスモプレイヤーはぜひこの機会に現地を訪れ、リアルなニュルブルクリンク24時間レースを体験してください!

img_36img_37img_38img_39

※グランツーリスモ6のオンラインイベントでもニュルブルクリンクをテーマに、クイックマッチやドリフトトライアルが開催されます。

参考リンク

ニュルブルクリンク24時間耐久レース

日本ではJ SPORTSにて放送されます。

 

【Bonus Image】

img_22img_23img_24img_25img_26img_27img_28img_29img_30img_31img_32img_33img_34img_35

 

 

Comments

PIT STOP

Recent Posts

Categories