PIT STOP

GT6 Track Path Editor
Posted by | September 30, 2015

大変長らくお待たせいたしました! グランツーリスモ6のコース作成機能が「GT6 トラックパスエディター」というネーミングでついに実装されました。タブレット端末(AndroidまたはiOS)の専用アプリを用いてデザインしたコースをグランツーリスモ6に転送する仕組み。周回レイアウトだけでなく、1本道の区間コースもデザインすることができるので、タイムアタックやドリフトモードの遊びの幅が広がりますね。コースサイドに配置可能なオブジェクトはテーマによって複数用意されており、オリジナリティ溢れるコースが演出できます。自慢のコースが完成したらオンラインで仲間とシェアしてみてください。

20150929_tpe_01

Death Valley
アメリカ合衆国の砂漠地帯デスバレーをテーマとしたマップはフォトロケーションとしても最高の景観です。延々と果てしなく続くかのようなロングストレートに電柱を配置するのもよいでしょう。まるで映画の世界のような景色が広がります。オープンロビーでは人気のテーマになりそうですね。

20150929_tpe_0220150929_tpe_0320150929_tpe_0420150929_tpe_05

Eifel
ニュルブルクリンク周辺の景色を彷彿とさせるドイツ中西部のアイフェル地方は菜の花畑が名物です。地形を活かした起伏ありのマップ “Eifel” と、フラットなマップ “Eifel Flat” の2パターンが用意され、ともに時間&天候変化に対応しました。

20150929_tpe_0620150929_tpe_0720150929_tpe_0820150929_tpe_09

Eifel Flat
晴天の菜の花畑のイメージと打って変わり、ウェット路面の表現がひと味違いますね。晴れと雨、起伏ありとなしの計4パターンの表情が楽しめるアイフェルで耐久レースを開催してみるのもよいでしょう。

20150929_tpe_1020150929_tpe_1120150929_tpe_1220150929_tpe_13

Andalusia
スペインのロンダ地方をモデルとしたグランツーリスモのオリジナルコース「サーキット・デ・ラ・シエラ」のテーマです。時間変化に対応した山岳地帯にワインディングロードを描くことが可能です。コース幅をよりタイトに設定し、攻め甲斐のあるオリジナルの「峠(TOUGE)」をデザインしよう!

20150929_tpe_1420150929_tpe_1520150929_tpe_1620150929_tpe_17

 

Comments

PIT STOP

Recent Posts

Categories